COLORSよりご挨拶

長瀬澄人男着物

カラーズの長瀬澄人です。

みなさん着物は好きですか?

僕は好きです。
着物を着ることでしか味わえない喜びがあるからです。

そして、自分が着物を着ることはもちろん、それ以上に、素敵な着物を作ることで、人に喜んでもらい、その笑顔を見るのは、もっと好きです。

ラーズは、難解なルールや、しきたりにとらわれることはありません。
自由に色や柄を楽しむための着物です。

また一方で、歴史や伝統、格式を重んじることも、とても大切なことです。
それらと上手に向き合いながら、適度にバランスのとれた着物姿を演出する。
カラーズは、新しい感覚で、しかし正統派な着物を生み出すブランドで在り続けたいと考えています。

そして、カラーズを着ることに、年齢や性別、経験や知識の量、着付けの上手い下手などは、全く問題ではありません。

なぜなら、ミスもミセスも、男性も子供も、誰にでも必ず一人一人に似合う色があり、それをカラーズは作るからです。

そしてまた、着物を日常の中に採り入れたいという気持ちや、それを実践するという前向きな姿勢こそ、カラーズが一番大切にし、尊敬し、応援したいことだからです。

自分に合う色を、自分のペースで、自分なりの楽しみ方で、着物を着たい人は、ぜひカラーズを訪れてみてください。
きっと新しい発見と、あなたの持つ時間を、さらに美しく彩る何かがあると思います。

着物を愛し、着物を着る全ての人に、尊敬と感謝を込めて、また今後の未来、着物を愛する人が増えるよう、願いを込めて、カラーズは日々、着物を作っていきます。

COLORS KYOTO 長瀬澄人

 

 

プロフィール



長瀬澄人
COLORS KYOTO 代表

1979年 京都の染工場生まれ。
幼少期から、着物の染の中で育つ。
大学中退後、放浪生活を経て、22歳で本格的に職人修行に入る。
6年にわたり、技術習得だけにとどまらず、着物デザインや、着物制作に必要なノウハウを身につけることに没頭。
精巧な染を得意とする職人の実父と、ハイセンスな染を行う染工場の親方、2人の師匠を持つことで、独自の型染スタイルを身につける。
修行期間に染めた着物の数、約3000反。

2007年 独立。
自身のアトリエ、きもの染工房カラーズをスタート。
フリーランスの職人兼デザイナーとして、中小、大手メーカーや、販売店の企画制作、外注染加工、デザイン提供、CM用着物制作など、数多くを手掛ける。
通産染反数は5000反を超えるが、次第に着物を量産する必要性のない時代の流れや、現状のままでは将来確実に破綻するであろう着物作りの現場を、どうすれば継続できるか、次世代に継承できるか、その真っ只中で悩む。
1点ずつの製作を大切にしたい思いで、個人向けサービスとしてパーソナルオーダーをスタート。
コアなファンから支持を受け始める。

2016年 自身オリジナルの公式ブランド「カラーズ京都」を立ち上げる。
同時にアトリエにショップ機能を併設し、「着物アトリエ&ショップ COLORS KYOTO」としてリニューアルオープン。
カラーズ全商品のデザインから染加工、ショップ運営の全てを手掛けている。

公式ブログ